ウォーキング

食事療法と栄養素補給

血液検査で糖尿病の疑いありと診断される際に使われるヘモグロビンa1cは、過去1〜2ヵ月の平均血糖値を示す数値です。ヘモグロビンa1cを下げるには食事療法が欠かせませんが、インスリンの働きを助ける栄養素も存在します。サプリメントでクロムを補給することにより、食事療法との相乗効果を得ることができます。

お腹に触れる人

内臓脂肪を直接作用し分解

ラクトフェリンは、腸内の悪玉菌を抑制して腸内環境を整えることにより、新陳代謝を活性化させる効果があります。また、内臓脂肪に直接作用して脂肪を分解し、さらに新たな脂肪が作り出されるのを抑制しますので、高いダイエット効果が期待できます。

サプリを持つ人

正常な血圧を保つために

塩分の過剰摂取が高血圧の原因となるので、予防のためには摂取を控えることが大事です。またカリウムのサプリを飲むと、塩分が排出されやすくなります。さらに血管を柔らかくするマグネシウムや、血管壁が狭まることを防ぐEPAやカテキンのサプリを飲むことでも、正常な血圧が保たれやすくなります。

通販で購入可能な健康食品

栄養補助食品

毎日使用することが重要

βグルカンという成分を体内へ補給することによって体の免疫力を工場することが出来るため、風邪や病気の発症率を抑えることが出来ます。他にもコレステロール値を下げることも可能なので、高血圧や生活習慣病などの予防効果も期待出来ます。健康食品メーカーではサプリメントが販売されており、βグルカンを簡単に補うことが可能です。通販でサプリメントの定期注文をすると、ドラッグストアで購入する手間を省くことが出来ます。服用するタイミングや方法については、基本的に医療機関で処方される薬と大きな違いはないです。食後に1日数回服用することによって、効率良くβグルカンという成分を体内に補うことが出来ます。またサプリメントだけでなく、エリンギやまいたけといったきのこ類からも補給出来る成分となっています。なのでこれらの食べ物を定期的に食べている場合には、βグルカン入りのサプリメントを服用しなくても大丈夫です。ですがあまりきのこを食べないというケースでは、非常に簡単にβグルカンを補給出来る健康食品となります。基本的に副作用がないβグルカンですが、一部の腫瘍や炎症などを悪化させてしまう可能性があります。なので重病やアトピーなどの症状を患っている場合には、服用前に担当医に相談をした方が良いです。販売元では質問に答えることが出来ないケースが多いため、医療関係者の意見を求めるという工夫が必要です。また医療機関へ通院していない場合には、薬局やドラッグストアなどに常駐している薬剤師に質問することも可能です。