ヨーグルトはやっぱり良いね

乳酸菌を毎日摂取しているおかげで、私はすこぶる健康になることができたのでした。
朝起きたら毎日欠かさず、ヨーグルトを摂取するようにしています。
ヨーグルトというのは味にもいろいろ変化をつけやすいですし、便秘になることなく過ごせます。

乳酸菌を毎日摂るようにしてから、肌の調子も良くなってきて、ダイエットにもなりました。
私は花粉症になってしまってから、乳酸菌ドリンクを摂るようにしました。
二年前より花粉症となってしまって、くしゃみと鼻水がでっぱなしです。

薬を服用するのはしたくなかったので、テレビで取り上げられていた乳酸菌ドリンクを試用しました。
現在の段階では、これで花粉症の症状が軽くなっています。
インフルエンザは風邪と比べて別のもの言われているようです。

その症状は1日から5日ほどの潜伏期間をのあと、急激な高熱となって、3日から7日ほどその状態が続きます。
種類によって、筋肉や関節の痛み、腹痛や下痢等症状に、小さな違いがあります。
しかし、肺炎を伴ったり、更に脳炎や心不全を起こすケースもあることにより、甘くは見ることはできない感染症です。

わたしの母は重度のアトピー患者です。
どうやら遺伝していたようで、私もアトピー症状が出始めました。
肌がボロボロになってしまって、毎日の保湿ケアが欠かせません。

スキンケアをしっかりしないと、何もままならないです。
別に母を責めるつもりはないのですが、将来、私の子供にも遺伝する可能性があるのではないかと思うと、絶望的な気持ちになります。
私がなぜ便秘になったかというと、日頃の運動が足りないせいでしょう。

通勤も毎日車なので、ほとんど歩く事もありません。
犬を飼っているわけでもないので、散歩に出るようなこともありません。
そのせいで、私は便秘になったのだと思うのです。

まず、便秘解消のためにも、ウォーキングをすることにしました。
ちょっと前に、インフルエンザにかかってしまって病院を受診しました。
何日くらい潜伏期間があるものなのか分かっているわけではないのですが、どこかインフルエンザの人と同じ場所にいて感染してしまったのだろうと思われます。

高熱が3日間も続いて大変苦しい思いをしました。
インフルエンザは高い熱が続くので、通常の風邪より辛いですね。
赤ちゃんがインフルエンザに感染したら、殊の外大変なことになりかねません。

まだ体力が足らない赤ちゃんですから、インフルエンザの高熱に体が耐えられるかが不安ですし、インフルエンザで命が危ないことも想定できるでしょう。
インフルエンザが広がっている時には、赤ちゃんを外の空気に触れさせない方が確実かもしれません。
腸内環境を整えていると肌がキレイになると知って、そのじつ、ヨーグルト同様に納豆や味噌なども乳酸菌をたっぷりと含む「乳」というその名の通り、乳酸菌は摂取できるのは乳製品だけだと思っていました。

これではちょっと恥ずかしい思いです。
知っての通り、乳酸菌を過剰摂取しすぎたとしても特に副作用を心配する必要はありません。
ただそうではありますが、身体に良いにしてもヨーグルト等で多く摂取し過ぎてしまうと、カロリーのとりすぎになってしまう、ことがあります。

消化吸収できる量にも限界というものがあるので、常識内の量に保つと確実でしょう。
便秘になってしまっても、薬によって簡単に、解決することができるとは思いますが、薬にばかり頼るのはよくないので、やはりまず最初に食事を見直してみてください。
特に食物繊維を豊富に含んだ食品を摂取すると効果的で、不溶性と水溶性の2種類の食物繊維をバランスよく摂るのが重要です。
後、野菜やきのこ類、海草類をどんどん食べましょう。

アスミール口コミで子供の身長が…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です